携帯料金の滞納

借りるならどっち?【プロミスとアコムを比較】まずはプロミスをおすすめする理由

プロミスとアコムって、何がどう違うの?

実際にお金を借りるなら、プロミスとアコムのどちらがおすすめ?

これからお金の工面をしようとお考えのあなたなら、各種カードローンの中でも人気の高いプロミスとアコムで迷ってしまいますよね。

結論を先に述べてしまうと、プロミスとアコムならプロミスがおすすめです。

理由としては、初回の借入額が最大50万円までに設定されていることで、借り過ぎを未然に防ぐことができる点に加え、上限の金利はプロミスの方が安いことが挙げられます。

当記事では、プロミスとアコムのそれぞれの特徴に触れつつ、なぜアコムよりもプロミスなのかを詳しく解説していきたいと思います。

仮にあなたが最終的にアコムを選ぶとしても、必ず以下の内容に目を通していただき、双方の違いをしっかりと理解した上で決断してくださいね。

プロミスの特徴

審査時間最短30分
金利4.5%〜17.8%
利用限度額50万円(新規契約時点)
最大500万円
申し込み対象者20~69歳の安定した収入のある方
提携コンビニATM・セブン銀行
・ローソン銀行
・E-net

プロミスは2020年オリコン顧客満足度調査において1位を獲得しているカードローンです。

つまり、プロミスは実際の利用者からのお墨付きのカードローンというわけですね。

同じ消費者金融系のカードローンには、後ほど紹介するアコムの他、アイフルやSMBCモビットなどがありますが、プロミスはその中でも唯一、新規契約時点の利用限度額を最大50万円までに設定しているという特徴があります。

カードローンは使い過ぎてしまいそうで怖い!

と思っている方にとって、プロミスの利用限度額の初期設定は大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、あなたが今回はじめてプロミスを契約するのであれば、Eメールアドレスを登録し、書面の受取方法で『プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認』を選択すると、30日間無利息で借り入れすることができますよ。

アコムの特徴

審査時間最短30分
金利3%〜18%
利用限度額800万円
申し込み対象者20歳~69歳の方
提携コンビニATM・セブン銀行
・ローソン銀行
・E-net

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループが提供するカードローンです。先ほど紹介したプロミスと同様に、アコムもはじめてなら30日間無利息で利用できます。

以上を踏まえると、プロミスとアコムの違いは、金利および利用限度額の差にあると言えます。

次項では、プロミスとアコムの金利や利用限度額の違いについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

プロミスとアコムを比較|金利の差や違いを理解しよう!

プロミスとアコムを比較|金利の差や違いを理解しよう!意外にも金利に差がある

カードローンでお金を借りる上で、金利や利用限度額などを始めとするスペックは非常に重要な指標です。

ここでは以下の項目を挙げながら、プロミスとアコムの違いについて比較していきたいと思います。

  • 金利は下限はアコム、上限はプロミスの方が低い
  • 利用限度額はアコムに軍配、しかし安心感という観点で見るとプロミス一択
  • プロミスもアコムも初回は契約から30日間金利無料
  • プロミスもアコムも即日(最短1時間)で借り入れできる
  • プロミスもアコムも主要コンビニATMが利用できる

ご覧の通り、主なポイントとなるのは金利および利用限度額ですね。

早速、それぞれの項目について解説していきますよ。

金利は下限はアコム、上限はプロミスの方が低い

プロミスとアコムの金利はそれぞれ、以下の通りです。

  • プロミス:4.5%〜17.8%
  • アコム:3%〜18%

一見、アコムの3%という金利の低さに目が行きますが、これはあくまでも下限の金利の話です。

以下の表をご覧いただければすんなりご理解いただけると思いますが、実際にアコムで3%の金利で融資を受けるとなると、相当の借り入れをしなければなりません。

契約極度額金利
1万円〜99万円7.7%〜18.0%
100万円〜300万円7.7%〜15.0%
301万円〜500万円4.7%〜7.7%
501万円〜800万円3%〜4.7%

え!500万円超えでようやく3%〜4.7%なの!?」と驚かれたのではないでしょうか。

以上を踏まえると、金利は下限ではなく、まずは上限の値に目を向けることが重要であることが分かります。

となると、数十万円程度の利用なら、確実にアコムよりもプロミスの方が利息が少ないと言えるでしょう。

利用限度額はアコムに軍配、しかし安心感という観点で見るとプロミス一択

プロミスとアコムのそれぞれの利用限度額は以下の通りです。

  • プロミス:500万円(新規契約時点では最大50万円)
  • アコム:800万円

数値だけ見れば、アコムに軍配が上がりますが、安心感という観点で見ると、アコムよりもプロミスに目が向きますよね。

もちろん、あなたが最初から大金を借りるつもりであれば、アコムの方が都合が良いかもしれませんが、初めての借り入れで失敗したくないというなら、迷うことなくプロミスをチョイスするべきでしょう。

プロミスもアコムも初回は契約から30日間金利無料

初めてカードローンを利用する方にとって嬉しいのが、プロミスもアコムも契約から30日間については金利無料で借り入れできることです。

ここで注意しなければならないのが、あくまでも無料になる期間は契約から30日であり、借り入れから30日ではないことです。

したがって、30日間金利無料のメリットを享受したいのであれば、あなたがプロミスやアコムと契約してから即、借り入れをすることが重要と言えます。

  • プロミスもアコムも初回は契約から30日間金利無料
  • 30日間金利無料のメリットを享受したいのであれば、あなたがプロミスやアコムと契約してから即、借り入れをすることが重要

また、プロミスに関しては、Eメールアドレスを登録し、書面の受取方法で『プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認』を選択することも、30日間無利息で借り入れする為の条件となっているのでご注意を。

プロミスもアコムも即日(最短1時間)で借り入れできる

すぐにでもお金を作りたい!

このように思われている方にとっては嬉しいことに、プロミスもアコムも、即日(最短1時間)で借り入れが可能となっています。

お金を借りたい!

と思ってから1時間後にはお金を工面できていると考えるとすごいことですよね。

ちなみに、できるだけスピーディに融資を受ける為のポイントとしては、必要書類の提出までを含め、全ての申し込み手続きをWeb完結で進めることです。

  • プロミスもアコムも即日(最短1時間)で借り入れできる
  • できるだけスピーディに融資を受ける為のポイントとしては、必要書類の提出までを含め、全ての申し込み手続きをWeb完結で進めること

なお、必要書類に関してですが、以下の2つの条件を満たしていれば、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類さえ用意していればOK。

  • 希望の借入額が50万円未満
  • 希望の借入額と他社からの借入額の合計が100万円未満

上記の条件に該当しない場合は、本人確認書類に加え、源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明できる書類を準備しておきましょう。

プロミスもアコムも主要コンビニATMが利用できる

借り入れや返済の時に、わざわざプロミスやアコムのATMに行くのがめんどくさい!

プロミスやアコムの店舗に入って行く姿を知人に見られることだけは避けたい!

このような悩みを抱えている方に声を大にして伝えたいのが、プロミスもアコムも、実店舗のATMの他、以下のような主要コンビニのATMでも、借り入れや返済ができるということです。

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-net

コンビニATMであれば、カードローンの借り入れや返済をしていることに気付かれず、手続きを進めることができますよね。

ちなみに、外出することさえ億劫な方であれば、インターネットで借り入れや返済も可能です。

ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも借り入れ手続き(あなたの希望した口座への振り込み)および、返済手続きができるのは嬉しいですね。

アコムと比較した上でプロミスを選ぶべき理由

アコムと比較した上でプロミスを選ぶべき理由ここまでの内容をご覧いただいたあなたであれば、もはやほぼ心は決まっているかとは思いますが、以下の2点の理由で、アコムよりもプロミスを選ぶべきだと言えます。

  • アコムよりもプロミスの方が上限の金利が低い
  • アコムよりもプロミスの方が借り過ぎのリスクが低い

いずれの項目についても、初めてお金を借りる人には絶対おさえておいていただきたい内容です。

早速、それぞれの理由について、深掘りしていきましょう。

アコムよりもプロミスの方が上限の金利が低い

先ほども示した通り、プロミスとアコムの金利は以下の通りです。

  • プロミス:4.5%〜17.8%
  • アコム:3%〜18%

もしもあなたが、まずは少額から借り入れしたいのであれば、適用される金利はほぼ間違いなく、プロミスなら17.8%、アコムなら18%となるでしょう。

たった0.2%の差と思うかもしれませんが、毎月の返済額に対して利息分が上乗せされると思うと、塵も積もれば…ということわざが頭にチラつきます。

少しでも利息分の負担を減らすことを考えるとやはり、アコムよりもプロミスを選ぶ方が妥当ですよね。

アコムよりもプロミスの方が借り過ぎのリスクが低い

今月ちょっと厳しいから数万円だけ借りよう…

このセリフから始まり、気がついたら借金が数十万、数百万とあっという間に膨れ上がってしまった人たちは果たして、この世にどれくらい存在するのでしょうか。

まさか私に限ってそんなことは…

と思うことなかれ。これからあなたがカードローンを利用するのであれば、借金が雪だるま式に増えてしまう可能性が絶対にないとは言い切れないのです。

このように考えると、初回契約時点においてはマックス50万円までしか借りることができないプロミスを選んでおくと、大事故にならずに済みます。

そもそもの借りる余地がなければ、あなたはきっと、なんとかしてお金のやりくりをすることでしょう。

  • あなたがカードローンを利用するのであれば、借金が雪だるま式に増えてしまう可能性が絶対にないとは言い切れない
  • 初回契約時点においてはマックス50万円までしか借りることができないプロミスを選んでおくと、大事故は避けられる

マネーリテラシーの高い人から見れば、最大800万円まで借りることができるアコムのようなカードローンに対して、「怖い!」と思うことでしょう。

この感覚を忘れなければ、あなたも上手にカードローンを活用できるはずですよ。

プロミスとアコムの比較・違いまとめ

プロミスとアコムを天秤に掛けていたあなたも、今ではそれぞれのカードローンの違いに理解が及び、スッキリされたのではないでしょうか。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分について、おさらいしておきたいと思います。

  • プロミスは上限の金利が17.8%と低い
  • プロミスは初回契約時点における利用限度額が50万円に設定されている
  • プロミスもアコムも、初めての利用なら30日間は金利なしで借り入れできる
  • アコムは下限の金利は3%と低いが、そもそも501万円以上の借り入れをしないと、低金利で融資を受けることができない
  • 相当な金額を借り入れしない限り、上限の金利が安いプロミスがおすすめ。初回利用は50万円までとされている点も、借り過ぎを防ぐ上で重要なポイント。

初めて借り入れされる方や、まずは少額からの借り入れを検討されているのであれば、間違いなくプロミス一択です。

もちろん、プロミスから融資を受けることが決まったら、すぐにお金の管理を今一度見直し、可及的速やかに返済できるように努めてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。